無酸素運動と有酸素運動、筋肉を鍛えるならどっち?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
成長の仕組みが知りたい!どうやって身長は伸びるの?

健康のため、運動をされている方もいらっしゃるかと思います。

有酸素運動と無酸素運動の違いはご存知ですか?

また、脂肪を燃やすにはどちらの運動がよくて、筋肉を鍛えるならどちらの運動がいいのか、よく分からない!という方もいらっしゃるかと思います。

そこでここでは、無酸素運動と、有酸素運動について紹介していきたいと思います。

運動

無酸素運動と有酸素運動、筋肉を鍛えるならどっち?

身体の健康のため、ダイエットのため…さまざまな理由から運動をしている方もいらっしゃるかと思います。

運動の種類は大きく

  • 無酸素運動
  • 有酸素運動

の2種類があります。

それぞれの特徴を見ていきましょう。

無酸素運動

無酸素運動はどんな運動かというと、

  • 短距離での全力疾走
  • 重量挙げ
  • 筋力トレーニング

などが当てはまります。

これらの特徴は、短時間に大量のエネルギーを必要とし、酸素を利用しない運動です。

筋肉に蓄えたグルコースを乳酸に分解するときのエネルギーと、

筋肉線維にもともとあるクレアチンリン酸を分解させるときに生じるエネルギーを利用します。

無酸素運動のポイントは以下の通りです。

  • 酸素を利用しない
  • 筋肉を鍛えることができる
  • 基礎代謝を増やすことができる

有酸素運動

有酸素運動はどんな運動かというと、

  • ウォーキング
  • エアロビクス
  • ゆっくりする水泳

などが当てはまります。

これらの運動の特徴は、運動強度が中等度以下というゆっくりとしていて、継続的に筋肉に力がかかり続けている運動です。

この運動をするときは、グルコースはもちろんですが、栄養素が完全に燃焼し、酸化されるときに生じされるエネルギーを利用しています。

栄養素を酸素で燃やすことによってエネルギーが得られるので、有酸素運動といいます。

筋肉を鍛えるなら?

それでは、筋肉を鍛えるならどちらの運動が良いのでしょうか。

 

それは、無酸素運動です。

また、基礎代謝量を増やすことができます。

健康維持・増進をするなら?

それでは、健康を維持・増進するならどちらの運動が良いのでしょうか。

 

それは、有酸素運動です。

健康を維持・増進させるには、全身の持久力を高める必要があります。

そのためには、VO2max(最大酸素摂取量)というものを増やす運動が必要です。

→VO2max(最大酸素摂取量)…体重1kgあたり1分間で体内に取り込むことができる酸素摂取量

よって、酸素を利用する有酸素運動が適切とされています。

また、有酸素運動は体内の脂肪を分解するのを促進するので、有酸素運動を長時間(20分以上)続けると良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

このように、運動の種類によって鍛えれることが違います。

目指すものによって運動の種類を分けると効率が良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。