睡眠が成長ホルモンの分泌を促す!睡眠の質を上げるには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
睡眠が成長ホルモンの分泌を促す!睡眠の質を上げるには?

睡眠と成長ホルモンの関係は、よく耳にするので、聞いたことがある方も多いかと思います。

それは「深い睡眠のときに、成長ホルモンが分泌される」ということです。

そのため、成長期のお子さんにとって、睡眠の質を上げることはとても重要です。

ここでは、睡眠の質を上げる方法について紹介していきたいと思います。

睡眠の質を上げる方法

睡眠が成長ホルモンの分泌を促す!睡眠の質を上げるには?

その1.寝る前にブルーライトを浴びない

これはけっこう言われていることですよね。

寝る前にブルーライトを浴びると、強い覚醒が働いて眠りにくくなります。

そのため、寝る1時間前には、携帯やパソコン、ゲームなどを避けましょう

その2. 寝る前にゲームをしない

これもその1と同じようなものですが、ゲームをすると脳が興奮するので眠りにくくなります。

そのため、ゲームは寝る前は避けましょう

その3. お風呂は寝る1時間半前に入る

お風呂を入ると、体が温かくなり、リラックスできます。

しかし、寝る直前に入ると体が温かいままだど眠りにくくなります。

ある程度、体を冷ましたときに眠たくなるので、そのときに寝れるように調整すると良いでしょう。

そのため、お風呂はだいたい寝る1時間前に入るに心がけましょう。

その4.ホットミルクを飲む

寝付きを良くする方法として、寝る前にホットミルクを飲むと良いです。

牛乳には『トリプトファン』という成分が含まれていて、この成分が寝付きを良くしてくれる働きがあります

それなら「冷蔵庫から出した牛乳でもいいのでは?」と思うかもしれませんが、冷たい牛乳は胃を刺激し、寝付きを悪くする恐れがあります。

そのため、温めた牛乳をオススメします。

その5.寝る前に激しい運動をしない

スポーツをしているお子さんで寝る前に腹筋や背筋をするという方もいらっしゃるかと思います。

しかし、寝る前にやるのは良くありません。

なぜなら、激しい運動をすることによって体温が上がってしまい、眠りにくくなります。

運動をすると夜寝やすくなると言われていますが、それは寝る前ではなく、日中に行うと良いでしょう

その6.寝付きが良くなる成分を摂る

寝付きが良くなる成分は、アミノ酸の「グリシン」や「セリン」、ユリ科の植物である「クワンソウ」、牛乳に含まれている「トリプトファン」、「GABA」などがあります。

グリシンというアミノ酸には、体温を下げる働きがあり、寝る前に摂取すると寝付きが良くなったという研究もあります。

グリシンは魚介類に含まれているので安全性の高い成分として注目されています。

食品として摂取しにくい場合は、サプリメントから取るのもオススメです。

寝付きを良くする成分が入ったサプリメントってなに?

睡眠の質を上げるサポートをしてくれる「グリシン」や「クワンソウ」、「セリン」、「トリプトファン」を含んでいるサプリメントの

『マックスノビール』をオススメします。

このサプリメントは子供の成長を応援するサプリで、品質や製造など、細かいところまで気をつけているので安心して飲むことができます。

ぜひ、参考にしてみてくださいね!
>>マックスノビールについてはコチラから

まとめ

睡眠が成長ホルモンの分泌を促す!睡眠の質を上げるには?

いかがでしょうか。

睡眠の質を高め、寝付きを良くすることはとても大切です。

なかなか寝付きが良くないという方は、ぜひ試してみてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。