水分は大切!身体における水分の役割ってなに?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
水分は大切!身体における水分の役割ってなに?

身体には栄養も欠かせませんが、水分も必要です。

なんといっても、私たちの体の構成成分で1番水分が多いからです。

成人では60%前後を占めています。

ここでは、そんな水分について紹介していきたいと思います。

水分について

身体の水分について、まずは見ていきましょう。

身体の中の水分

成人では身体の60%を水分が占めています。

このうち40%は細胞液(細胞内にある液体)であり、残り15%が組織液(細胞の外の液体)で、5%は血しょう(血液の液体)に含まれます。

通常成人では、1日に飲料水から800~1300ml、食品から1000mlの水分を摂取します。

そして、尿から1000~1500ml、便から100ml、汗からなどから900mlが排泄されます。

身体にある水分の約10%を失ってしまうと命の危険になり、20%以上を失うと死に至るとされています。

命の源の水分

よく何も食べなくても、水分だけとっていれば数週間は生きることができると聞いたことがありませんか?

なんと、食べ物を口にしなくても水分さえ補給していれば体内に貯蓄していた栄養を消費することで2週間は生き延びると言われています。

しかし、水分を補給しないと数日で命を失うとさえ言われているので、水分は命の源とも言えます。

水分の役割

では水分の役割を見ていきましょう。

人体の構成成分

人体を構成する成分のうち、大部分を占めます。

成人男性は60%、成人女性では55%、乳児ではなんと80%を占めています。

体温を調整する

水分は体温を調整する働きがあります。

体内にある水分が気温の変化に関係なく汗や尿に排泄されます。

その結果、体温は常に一定に保たれているのです。

代謝の進行役

水分は代謝の進行役でもあります。

栄養素の運搬や代謝が全て水分を介して行われています。

そのため、遠く離れているところの組織と組織の連絡や、老廃物の運搬、誘導の役割を果たしてくれているのです。

物が見えたり、音を聞くことができる

水分があるおかげで、なんと私たちは物が見えたり、音が聞こえたりします。

物が見えるのは、目の水晶体に含まれている水の屈折がレンズの働きをして、物をみることができます。

また、音が聞こえるのは耳の中のリンパ液の振動が音を伝えるため、音を聞くことができます。

体細胞の浸透圧を一定に保つ

身体を構成している細胞は全て水分に浸っています。

その水分が細胞の内側と外側の浸透圧を一定に保つように働いています。

まとめ

水分は大切!身体における水分の役割ってなに?

いかがでしたでしょうか。

このように、私たちにとって食べて栄養を摂ることも大切ですが、水分もとても大切です。

日頃から水分もしっかりと摂るようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。