冷凍食品を上手く利用しよう!買い方と保存方法って?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
冷凍食品を上手く利用しよう!買い方と保存方法って?

現在、冷凍食品が発達し、利用している方も多いのではないでしょうか。

ここでは、そんな冷凍食品の上手な買い方と保存方法について紹介していきたいと思います。

ここでしっかりと理解し、安全なものをお子さんに食べてもらいましょう!

冷凍保存

冷凍食品を上手く利用しよう!買い方と保存方法って?

冷凍保存とは、生鮮食品だけでなく、半調理品や調理済み食品をある一定期間安全に保存できる方法です。

家庭では、冷凍食品を購入して保存するほか、食品や料理を家庭で冷凍して保存する場合があります。

冷凍食品の保存期間の目安は?

冷凍食品の保存の目安がよく分からないという方も多いのではないでしょうか。

ここでは、食品の種類ごとにまとめてみたので参考にしてみてくださいね。

魚類の保存期間の目安

魚類は

  • さば、いわしなどといった脂質が多いもの:8ヶ月
  • たい、ひらめなどといった脂質が少ないもの:10ヶ月

というようになります。

脂質が多いものは少し期間が短いのが特徴です。

えび類の保存期間の目安

えび類は

  • 伊勢海老やロブスター:10ヶ月
  • 車海老や大正えびなど:12ヶ月

というようになります。

肉類の保存期間の目安

肉類は、

  • ローストビーフ:18ヶ月
  • 羊肉:16ヶ月
  • ローストポーク:10ヶ月
  • ローストチキン:10ヶ月

というようになります。

野菜類の保存期間の目安

野菜類は、

  • アスパラガス:12ヶ月
  • とうもろこし:10ヶ月
  • にんじん:20ヶ月
  • グリンピース:16ヶ月
  • かぼちゃ:24ヶ月
  • ほうれん草:16ヶ月

というようになります。

果実類の保存期間の目安

果実類は、

  • あんず:8ヶ月
  • スライスしたイチゴ:18ヶ月

というようになります。

冷凍食品の上手な買い方と保存について

冷凍食品の上手な買い方と保存について紹介していきたいと思います。

  1. 冷凍食品は冷凍庫のロードライン以下に積んであるものを買う
  2. 冷凍食品の表示がきちんと書いてあるものを買う
  3. 冷凍食品の包装がしっかりしていてガッチリ凍ってあるものを買う
  4. 冷凍食品は買い物の1番最後に買い、買った後は自宅へ直行する
  5. 冷凍食品は割れたり、固まりになっていないものは買わない
  6. 「認定証」マークのついている冷凍食品を買う
  7. 冷凍庫のドアポケットには、1~2ヶ月以内に食べるものを置く
  8. 解凍は使う分量だけ行い、一度解凍したものを再冷凍するのはさける

ホームフリージング

冷凍食品を上手く利用しよう!買い方と保存方法って?

ホームフリージングとは、保存を目的に家庭の冷凍庫で食品を冷凍することをいいます。

ホームフリージングに向く食品とは

ホームフリージングに向く食品はどんなものがあるのでしょうか。

  • 乾燥品
  • 加熱調理したもの
  • 塩や調味液につけて食品中の水分が比較的少なくしたもの
  • スープ
  • ソース類
  • すりおろしたもの
  • 裏ごしした野菜
  • パン
  • ご飯
  • 納豆

などがあります。

ホームフリージングに向かない食品とは

ホームフリージングに向かない食品とはどんなものがあるのでしょうか。

  • 生の肉や魚
  • 生卵
  • 牛乳
  • 泡立てていない生クリーム
  • 豆腐
  • こんにゃく
  • プリン
  • ゼリー

などがあります。

ホームフリージングの方法

ホームフリージングの方法を紹介していきたいと思います。

  1. 冷凍庫に空間を作って冷凍する
  2. 食品の厚さを薄くしたりしてできるだけ早く凍らせるようにする
  3. 2~3週間以内をめやすに、早めに使いきる

まとめ

いかがでしたでしょうか。

冷凍食品はとても便利で賞味期限もあまり気にしなくていいのですが、保存期間の目安があるということを頭にいれておきましょう。

また、ホームフリージングは食品によって向き不向きがあるので注意しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。